WindowsにPHPをインストール

Windows10にPHP7をインストールした際のメモです。

まず、PHPのWebサイトからPHPのパッケージをダウンロードします。「Download」、「Windows downloads」と進み、利用中の環境に合ったパッケージの「Zip」リンクをクリックします。画面の左側に説明がありますが、WebサーバーとしてIISを使う場合はNon Thread Safeのものを、Apacheの場合はThread Safeのものを選択します。またお使いのPCが32bitであればx86を64bitであればx64を選択します。

次に、ダウンロードしたZipパッケージを展開し配置します。場所はどこでも構いませんが、ここでは管理のしやすい「C:\php」にしました。

次に、「php.ini」ファイルを作成します。展開したファイルの中に「php.ini-production」というファイルがあると思うので、こちらをコピーして利用すればよいと思います。また、必要に応じて各extensionのコメントを外してください。(「;」を行頭から消す。)例えば、標準ではMySQLを使うための「php_pdo_mysql.dll」がコメントされています。

php.ini

...
;extension=php_mysqli.dll
;extension=php_oci8_12c.dll  ; Use with Oracle Database 12c Instant Client
extension=php_openssl.dll
;extension=php_pdo_firebird.dll
extension=php_pdo_mysql.dll
;extension=php_pdo_oci.dll
;extension=php_pdo_odbc.dll
;extension=php_pdo_pgsql.dll
...

最後に、phpに対してPATHを通します。システムのプロパティの環境変数設定画面において、「C:\php」を「Path」に追加します。

コマンドプロンプトで「php -v」と入力して、正しく表示が返ってこれはインストール完了です。

 

Top