LaravelのMailableでコールバックを設定

LaravelではMailableクラスを使用することで、メールの組み立てと送信を簡単に行うことができます。

Mailableクラスを作成するには、artisanコマンドを使うと簡単です。

$ php artisan make:mail MyMailable

このコマンドを実行すると、app/Mail/MyMailable.phpというファイルが作成され、中身は次のようになります。

<?php

namespace App\Mail;

use Illuminate\Bus\Queueable;
use Illuminate\Mail\Mailable;
use Illuminate\Queue\SerializesModels;
use Illuminate\Contracts\Queue\ShouldQueue;

class MyMailable extends Mailable
{
    use Queueable, SerializesModels;

    /**
     * Create a new message instance.
     *
     * @return void
     */
    public function __construct()
    {
        //
    }

    /**
     * Build the message.
     *
     * @return $this
     */
    public function build()
    {
        return $this->view('view.name');
    }
}

buildメソッドの戻り値として、レンダリングされたテンプレートを返すことで、メッセージの送信が完了します。

メッセージの送信後に実行したい処理がある場合は、Mailableクラスのcallbacksプロパティ(配列)に関数をセットします。コールバック関数の引数には$message(Messageオブジェクト)が渡されるため、$message->getId()でメールサーバーから返されたMessage-IDを取得することもできます。

    public function build()
    {
        $this->callbacks[] = function($message) {
            // 送信後に実行したい処理
        };
        return $this->view('view.name');
    }

ユーザーを指定してcronを実行

Laravelでタスクスケジュールを利用する場合、cronに次のエントリを追加します。

* * * * * php /path-to-your-project/artisan schedule:run >> /dev/null 2>&1

タスク内でログ出力をする際には、Webと同様にLoggerが使用できますが、cronをrootユーザーで実行してしまうと、ログファイルの所有者がrootになってしまいます。

そのため、WebサーバーにApacheを利用している場合、Web側がログを出力する際にパーミッションエラーが発生する場合があります。

これを避けるためには、apacheユーザーとしてcronジョブを設定するのが良いと思います。

$ crontab -u apache -e

LaravelでSSL certificate problem

LaravelでFacebookOAuth認証を行おうとしたところ、以下のようなエラーが発生しました。

RequestException in CurlFactory.php line 187:
cURL error 60: SSL certificate problem: unable to get local issuer certificate (see http://curl.haxx.se/libcurl/c/libcurl-errors.html)

調査の結果、CA証明書がphp.iniで正しく設定されていないことが原因であると分かりました。

http://curl.haxx.se/ca/cacert.pem

をダウンロードして、「C:\php\cacert.pem」として保存し、php.iniに以下の記述を加えることで、エラーが解消されました。

[curl]
; A default value for the CURLOPT_CAINFO option. This is required to be an
; absolute path.
curl.cainfo=C:\php\cacert.pem

LaravelのmigrateでPDOException

Laravelでmigrateコマンドを使用したところ、PDOException(could no find driver)が発生しました。

$ php artisan migrate
**************************************
*     Application In Production!     *
**************************************

 Do you really wish to run this command? [y/N] (yes/no) [no]:
 > yes



  [PDOException]
  could not find driver

調査の結果、php.iniのMySQL拡張がコメントされているという凡ミスでした。「;」を外して、再度実行すると正しく処理されました。

$ vi php.ini

...
;extension=php_pdo_mysql.dll
...

LaravelでCouldn’t find preset “es2015″エラー

Laravelプロジェクトを新しく作成し、gulpを通じてelixirを実行したところ、以下のようなエラーが出ました。

これを解決するには、以下の二つのパッケージをインストールする必要があるようです。

$ npm install babel-preset-es2015 --save
$ npm install babel-preset-react --save

こちらの議論では、npmをアップグレードすれば解決するとの発言もありますが、私の環境ではうまくいきませんでした。

Laravelコマンドのまとめ

最近、PHPのフレームワークの中で一番勢いがあるLaravelで使用するコマンドのまとめです。

Webサーバーを起動

開発用のWebサーバーを起動します。デフォルトのURLはhttp://localhost:8000になります。

$ php artisan serve

データベースのマイグレート

database/migrations以下のマイグレーションスクリプトに従って、データベースに変更を加えます。

$ php artisan migrate

 

Top