各言語で組み込みWebサーバーを利用する

前回、IntelliJの組み込みWebサーバーをご紹介しましたが、今回は、各プログラミング言語に含まれているWebサーバーをご紹介したいと思います。

IntelliJの場合は、プロジェクト名のサブフォルダがパスに含まれてしまうため、画像等を「/img/xxxxx.png」のようにドキュメントルートからのパスで指定している場合は、こちらの方法の方が良いかもしれません。

各言語とも、コンソール上でコマンドを実行することでサーバーを立ち上げることができます。

PHP

$ php -S <Host>:<Port>

「<Host>:<Port>」には例えば「localhost:80」を指定します。 コマンドの実行場所がドキュメントルートになります。

Python3

$ python -m http.server [<Port>]

<Port>を省略すると80が選択されます。 コマンドの実行場所がドキュメントルートになります。

Ruby

$ ruby -run -e httpd <DocumentRoot> -p <Port>

コマンドの実行場所をドキュメントルートにするには、<DocumentRoot>に「.」を指定します。

Node.js

Nodeには標準でWebサーバーは含まれていませんが、モジュールとして簡単に組み込むことができます。今回は、一番有名なhttp-serverをご紹介します。

まずはnpmでhttp-serverをインストール。

$ npm i -g http-server

http-serverを実行。

$ http-server [-p <Port>]

<Port>を省略すると80が選択されます。 コマンドの実行場所がドキュメントルートになります。

コメントを残す

Required fields are marked *.


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Top