memcachedをWindowsにインストールする

Windowsにmemcachedをインストールした際のメモです。

memcachedのインストール

まず、Windows用のバイナリを次からダウンロードします。バージョン1.4.5以降はWindowsのサービスへの登録に手間が掛るので、今回は1.4.4をダウンロードします。
http://downloads.northscale.com/memcached-win32-1.4.4-14.zip

ダウンロードしたZIPファイルを展開し、適当な場所に配置します。

C:\memcached

管理者権限でコマンドプロンプトを立ち上げ、上記のフォルダに移動します。

> cd C:\memcached

次のコマンドでmemcachedをWindowsのサービスとして登録します。

> memcached.exe -d install

登録が完了したら、サービスを起動します。

> memcached.exe -d start

以上でMemcachedのインストールは完了です。

サービスの停止およびアンインストールの際は、次のコマンドを使用します。

> memcached.exe -d stop
> memcached.exe -d uninstall

memcachedへの接続

memcachedに接続して状態を確認するには、Telnetを利用するのが便利です。

Telnetを起動するには、コマンドプロンプトでtelnetコマンドを実行します。memcachedのポートは標準で11211になります。

> telnet localhost 11211

telnetコマンドが見当たらない方は、「Windowsの機能の有効化または無効化」から「Telnetクライアント」をインストールすることで使用できるようになります。

接続後、memcachedの各コマンドを利用できるようになります。

64 bit版のバグ?

上記NorthScaleのサイトからは64 bit版のバイナリもダウンロードすることができます。
http://downloads.northscale.com/memcached-win64-1.4.4-14.zip

ただ、環境に固有の問題かもしれませんが、内部のタイムスタンプにバグがあるように思われます。

そのため、memcachedに値を登録する際にうまく有効期限を設定できないトラブルに見舞われました。memcachedでは、30日以内に関しては期限切れまでの秒数、それ以降に関してはUNIXタイムスタンプで期限の日時を指定する仕様になっているのですが、UNIXタイムスタンプで指定した場合に即座に期限切れになってしまう問題が発生しました。

最初は原因が分からず大変苦労しましたが、Telnetで接続後、statsコマンドを使用したところ、memcachedサーバーの時刻と起動からの経過時間の値がおかしなことになっていることに気付きました。

PHPでHTTPリクエスト

PHPではfile_get_contentsという強力な関数があり、ローカルファイルでもWebサイトでも、その内容を簡単に取得することができます。

例えば、Livedoorの天気情報APIから東京の天気を取得するには、

<?php
$res = file_get_contents('http://weather.livedoor.com/forecast/webservice/json/v1?city=130010');
$weather = json_decode($res, true);

とするだけです。(JSON形式で返ってくるため、json_decodeでデシリアライズして連想配列に格納しています。)

一度利用するだけのスクリプトであればこれで十分かと思いますが、運用環境であればエラーハンドリングも必要になってくると思います。その点も踏まえながら、次にGETリクエストとPOSTリクエストについて、詳しい使い方をお伝えします。

GETリクエスト

file_get_contentsにURLを指定した場合、標準では、HTTPステータスコードが4xxや5xxの場合にWarningエラーが発生し、レスポンスボディを取得することができません。次のようにignore_errors属性を定義したcontextを作成し、第三引数に渡すことで、4xxや5xxの場合でも取得できるようになります。

<?php
$context = stream_context_create([
    'http' => [
        'ignore_errors' => true
    ]
]);
$res = file_get_contents('<URL>', false, $context);

次に、HTTPステータスコードに応じたエラー処理ですが、file_get_contentsを実行すると、$http_response_header変数にレスポンスヘッダが自動的にセットされるため、これを利用します。

HTTPステータスコードは1行目に含まれるので、
$http_response_header[0]の値に応じて、処理を切り分けると良いかと思います。値は「HTTP/1.1 200 OK」という形式になっていますので、下の例では、strpos関数を使ってステータスコード200が含まれるかチェックしています。

if (strpos($http_response_header[0], '200') !== false) {
    // HTTPステータスコードが200(正常)だった場合の処理
    // ...
} else {
    // それ以外の場合の処理
    // ...
}

ステータスコードを厳密に抽出したい場合は、正規表現を使います。

preg_match('/HTTP\/1\.[0|1|x] ([0-9]{3})/', $http_response_header[0], $matches);
$statusCode = $matches[1];

POSTリクエスト

file_get_contentsは標準でGETリクエストになりますが、上述したcontextのmethod属性にPOSTを指定することで、POSTリクエストを投げることもできます。

$headers = [
    'Content-Type: application/x-www-form-urlencoded'
];

$body = [
    'field1' => 'value1',
    'field2' => 'value2'
];

$context = stream_context_create([
    'http' => [
        'method' => 'POST',
        'header' => implode("\r\n", $headers),
        'content' => http_build_query($body, '', '&'),
        'ignore_errors' => true
    ]
]);
$res = file_get_contents('<URL>', false, $context);

HTTPリクエストヘッダはheader属性、リクエストボディはcontent属性に値を設定します。ここでは、それぞれ配列と連想配列でデータを準備し、implodeおよびhttp_build_query関数を利用して必要なフォーマットに整形した上で、各属性に割り当てています。

Railsでリダイレクト時にアンカーを設定

Railsでは、redirect_toメソッドに対してモデルのオブジェクトを渡すと、そのオブジェクトを表示するページに簡単に遷移させることができます。

# /users/<id> に遷移
redirect_to @user

ただ、アンカー(ページ内での位置)を指定するには少し工夫が必要で、次のように指定します。

# /users/<id>#description に遷移
redirect_to user_path(@user, anchor: 'description')

※user_pathはroutes.rbで定義しておく必要があります。

LaravelのMailableでコールバックを設定

LaravelではMailableクラスを使用することで、メールの組み立てと送信を簡単に行うことができます。

Mailableクラスを作成するには、artisanコマンドを使うと簡単です。

$ php artisan make:mail MyMailable

このコマンドを実行すると、app/Mail/MyMailable.phpというファイルが作成され、中身は次のようになります。

<?php

namespace App\Mail;

use Illuminate\Bus\Queueable;
use Illuminate\Mail\Mailable;
use Illuminate\Queue\SerializesModels;
use Illuminate\Contracts\Queue\ShouldQueue;

class MyMailable extends Mailable
{
    use Queueable, SerializesModels;

    /**
     * Create a new message instance.
     *
     * @return void
     */
    public function __construct()
    {
        //
    }

    /**
     * Build the message.
     *
     * @return $this
     */
    public function build()
    {
        return $this->view('view.name');
    }
}

buildメソッドの戻り値として、レンダリングされたテンプレートを返すことで、メッセージの送信が完了します。

メッセージの送信後に実行したい処理がある場合は、Mailableクラスのcallbacksプロパティ(配列)に関数をセットします。コールバック関数の引数には$message(Messageオブジェクト)が渡されるため、$message->getId()でメールサーバーから返されたMessage-IDを取得することもできます。

    public function build()
    {
        $this->callbacks[] = function($message) {
            // 送信後に実行したい処理
        };
        return $this->view('view.name');
    }

gitで認証情報を保存

GitHub等のリモートリポジトリからPull等をする場合、認証情報を保存していない場合、毎回ユーザー名とパスワードを入力する必要があります。

次のコマンドを実行してからgit pull等を行うと、その際に入力した認証情報が保存されるため、 次回以降の認証を省略することができます。

$ git config --global credential.helper store

ちなみに一旦設定した認証情報をリセットするには

$ git config --global --unset credential.helper

とします。

ユーザーを指定してcronを実行

Laravelでタスクスケジュールを利用する場合、cronに次のエントリを追加します。

* * * * * php /path-to-your-project/artisan schedule:run >> /dev/null 2>&1

タスク内でログ出力をする際には、Webと同様にLoggerが使用できますが、cronをrootユーザーで実行してしまうと、ログファイルの所有者がrootになってしまいます。

そのため、WebサーバーにApacheを利用している場合、Web側がログを出力する際にパーミッションエラーが発生する場合があります。

これを避けるためには、apacheユーザーとしてcronジョブを設定するのが良いと思います。

$ crontab -u apache -e

MySQLでAUTO_INCREMENTの値を初期化する

MySQLでテーブルを作成する際、サロゲートキーとしてidカラムを用意し、データインサート時に自動的に採番を行うようAUTO_INCREMENT属性を設定する場合が良くあると思います。

採番された最新の値は内部で保持されているため、一旦すべてのレコードを削除した場合でも、新しく挿入したレコードのidは1には戻りません。

idの数字自体には意味がありませんので、特にそのままでも問題はないかと思いますが、1にリセットしたい場合は次のクエリを実行します。

ALTER TABLE <TableName> AUTO_INCREMENT=0;

また、Truncateをすると、データの削除と同時にAUTO_INCREMENTの値もリセットされるようです。

TRUNCATE TABLE <TableName>;

各言語で組み込みWebサーバーを利用する

前回、IntelliJの組み込みWebサーバーをご紹介しましたが、今回は、各プログラミング言語に含まれているWebサーバーをご紹介したいと思います。

IntelliJの場合は、プロジェクト名のサブフォルダがパスに含まれてしまうため、画像等を「/img/xxxxx.png」のようにドキュメントルートからのパスで指定している場合は、こちらの方法の方が良いかもしれません。

各言語とも、コンソール上でコマンドを実行することでサーバーを立ち上げることができます。

PHP

$ php -S <Host>:<Port>

「<Host>:<Port>」には例えば「localhost:80」を指定します。 コマンドの実行場所がドキュメントルートになります。

Python3

$ python -m http.server [<Port>]

<Port>を省略すると80が選択されます。 コマンドの実行場所がドキュメントルートになります。

Ruby

$ ruby -run -e httpd <DocumentRoot> -p <Port>

コマンドの実行場所をドキュメントルートにするには、<DocumentRoot>に「.」を指定します。

Node.js

Nodeには標準でWebサーバーは含まれていませんが、モジュールとして簡単に組み込むことができます。今回は、一番有名なhttp-serverをご紹介します。

まずはnpmでhttp-serverをインストール。

$ npm i -g http-server

http-serverを実行。

$ http-server [-p <Port>]

<Port>を省略すると80が選択されます。 コマンドの実行場所がドキュメントルートになります。

IntelliJで組み込みWebサーバーを利用する

弊社では、ソフトウェア開発のIDEとしてIntelliJ IDEAを利用しています。

現在、静的なサイトの開発中を行っており、その動作確認にWebサーバーが必要になったのですが、IntelliJには組み込みのWebサーバーが備わっており、IntelliJ起動時に自動的に立ち上がるみたいですね。

標準のポートは63342で、次のURLでアクセスすることができます。

http://localhost:63342/<ProjectName>

ポートを変更したい場合は、

Settings -> Build, Execution, Deployment -> Debugger

のBuilt-in serverで設定することができます。

Top